女性ホルモンの分泌を促すプエラリアサプリは口コミでチェック

夫婦

腸内環境を整える

ウーマン

毎日のリズムが大切

私達人間はお腹にいるときは無菌状態ですが、出産時に母親が持っている腸内細菌を産道を通る際に分け与えてられて生まれてきます。もらった腸内細菌は1日で爆発的に増えていき、外敵から守るための免疫力となります。生活習慣や食生活によって腸内細菌の数は増減します。免疫細胞は腸内で約7割が作られます。腸内細菌が免疫細胞に攻撃を仕掛けることで免疫細胞に記憶させます。免疫細胞は腸内細菌を攻撃をすることで攻撃のやり方や菌の状態を学習、記憶していきます。腸内細菌減っていくことで免疫力を記憶させることができなくなっていきます。その結果、免疫力が低下し、アレルギー症状を引き起こしたり、便秘気味になってしまったり風邪をひきやすくなったりと体にとって悪影響が出始めてしまいます。乳酸菌サプリを飲むことで腸内細菌の数を増やし、菌を増やしていくことにより免疫細胞が活性化し免疫力を底上げすることができます。腸内フローラを意識する人を中心に乳酸菌サプリの人気が高まっています。

乳酸菌の効果

乳酸菌はお腹の中で様々な働きをしてくれます。LG21乳酸菌はピロリ菌の抑制をしてくれます。ラブレ菌やR-1菌はインフルエンザや風邪予防に効果を発揮してくれます。菌によって働き方に差があり、自分に合う乳酸菌を選ぶことが大切です。ヨーグルトやサプリメントを試すときには1種類のヨーグルトを選び1週間食べ続けてみることで体調の変化や排便、皮膚の状態などから自分に合う合わないがわかります。乳酸菌サプリを選ぶときには腸まで届くタイプを選ぶようにするといいです。人間の体の中で一番の関門は胃です。胃酸はとても強力で、乳酸菌も胃酸でやられてしまうことが多くあります。乳酸菌サプリをしっかり選び、腸まで届けるようにすることで腸内フローラを増やすことができ腸内細菌が増えることで免疫力を上げていくことにつながります。サプリメントの場合はお試しサイズがある場合には試してみると良いです。